FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
追うぞ! 千夜千冊136夜 『尾崎豊・覚え書き』 須藤晃
今宵、なぜこの選本なのかよく分からない。

松岡正剛さんは、今宵はいつもと違って、意味不明に書き出す。
「いい本だ。なにより著者のスタンスがいい。尾崎豊のような若者スターを相手に何かを綴るというのは、もともと難しい。しかもそのスターが26歳で夭折して謎の死をとげているだけに、よけいに難しかったろうに、つねに一定のスタンスを崩さずに綴ったのが、尾崎豊をかえって浮上させた。なぜかぼくにも、ときどきXJapanのhideやサッカーの中田英寿と会って対話をしてほしいとか、かれらについて書いてほしいという依頼がくる。が、たいていお断りしている。付き合いがないかぎりは、とうてい書けそうもないからだ」

尾崎豊なら、薄ら覚えがある。僕は、大学時代に尾崎豊ファンの女性と交際していた。彼女に知らされ、デビューし立ての尾崎の歌をはじめて聴いた。尾崎は、熱量が半端ないとは感じた。

松岡正剛さんは、著者と尾崎豊との関係を要約してくれている。しかしそれが一体どうしたんだという内容だが。
「著者の須藤晃はCBSソニーのディレクターで、音楽プロデューサーである。尾崎のアルバムの大半を手がけた。16歳の尾崎のビデオを見せられ、「暗い歌だから、おまえが担当しろ」と言われたのが尾崎との出会いだったという。須藤は最初のアルバム『十七歳の地図』の歌詞を何度も尾崎に書きなおさせている。これがすべての成功の原因だったようだ。須藤自身が大学でアレン・ギンズバーグやゲイリー・スナイダーらのアメリカ現代詩人を専攻していたせいもあったろう。そのころの尾崎はパンクロックの「アナーキー」が好きだったらしい。意外なような気もするし、それなりに頷けもする。ぼくも一度だけ「アナーキー」のナマを聞いたが、そのときのライブハウスに来ていた連中は、どこか尾崎に共通するものがあったからだ。当時、尾崎はエーリッヒ・フロムを読んでいた」

先日(4月1日だった)、「昭和偉人伝」という番組があり、尾崎豊を取りあげていた。見城徹さんとのエピソードが興味深かった。須藤晃さんも出演していて、当時の尾崎のことを語っていた。

松岡正剛さんは、尾崎豊の奇怪さを、次のように表現している。
「ところが、尾崎自身は苦悩しつづけた。20歳になったときのコンサートでは、最後の曲で「俺の歌なんだから、誰も歌うんじゃない!」と発言し、その後のコンサートを停止してしまったりした。いつも苦悩しつづけていたらしい。そうした尾崎のファン無視の態度に、さすがに取り巻きやファンも「こいつはどこかおかしいんじゃないか」と思いはじめた。尾崎はコンサートが終わると吐いていた。ダメな自分を吐いたのである。ついにレコード会社も移籍した。つまり著者とは別れることにもなった。1987年の年末には、須藤もまったく気がつかなかったそうだが、覚醒剤取締法違反で逮捕もされた」

尾崎豊は、逮捕後、復活を果たすのだが、須藤晃さんらが支えたのだろう。

それだけの話ではないか。
[2015/04/09 00:15] | 追うぞ! 千夜千冊 | コメント(0) | page top
| ホーム | 追うぞ! 千夜千冊135夜 『電話帳の社会史』 田村紀雄>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。