スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
追うぞ! 千夜千冊131夜 『鹿鳴館の系譜』 磯田光一
磯田光一は1931年生れ。1987年に56歳で亡くなっている。文芸評論家であった。

後期の仕事が評価されているようである。1978年(磯田光一47歳)の『思想としての東京』以後、実証的な手法で近代日本をとらえるやり方に変化したとされる。1979年には『永井荷風』で第1回サントリー学芸賞、1984年には『鹿鳴館の系譜』で読売文学賞を受賞。戦後文学の軌跡についても『戦後史の空間』(1983年)、『左翼がサヨクになるとき』(1986年)などの著作がある。『萩原朔太郎』を完成させた後、急逝。

本著では何が要点なのか。松岡正剛さんの解説に学ぼう。
「明治16年11月28日に鹿鳴館は麹町内山下町に開館した。いま日比谷の帝国ホテルがあるところより少し南側にあたる。プロデューサーは井上馨、設計はジョサイア・コンドル、総工事費が18万円だった。すぐに洋装舞踏会が開かれた。ピエール・ロティは「東京のど真ん中で催された最初のヨーロッパ式舞踏会は、まったくの猿真似だった」とからかった。しかし、これが日本の翻訳文化の確立であり、江戸とは無縁の文学の誕生であり、初の日本モダニズムの樹立であったのである。実際にも、これらはだいたいが明治16年の前後におこったことばかりだった。磯田光一はそのことをあえて積極的に認めないかぎり、日本の「近代」の意味など見えてこないと考えた。これが本書を貫く基本姿勢である。これより数年前、すでに磯田は『思想としての東京』および『永井荷風』によって、明治日本のモダニズムの原点をさぐろうとしていたのだが、その原点にひそむ謎の解明は、本書に任された」

本書は11章で構成されている。
1 訳語「文学」の誕生-西と東の交点
2 「小学唱歌」考-その一世紀の帰趨
3 湯島天神と丸善-硯友社における江戸と西洋
4 東京外国語学校の位置-二葉亭四迷『浮雲』の原像
5 「明星」派の水脈-『みだれ髪』の遺産
6 漱石山房の内と外-『明星』の基底にあるもの
7 『田園の憂鬱』の周辺-佐藤春夫と宇野浩二
8 日比谷・銀座界隈-都市と前衛芸術
9 「革命」という外来思想-風土のなかのドラマ
10 昭和のモダニズム-ある感情革命
11 三人の鹿鳴館演出者-聖徳太子・伊藤博文・吉田茂

明治の日本が近代のモダニズムをいかに獲得していったかを思い綴っている。

さらに松岡正剛さんの解説に学ぼう。
「本書は一方で、近代日本のモダニズムの発生の仕方について議論しようとする者たちのための、語り口のプロトタイプをつくりだした。これは磯田光一の隠れた功績である。もうひとつのプロトタイプは、おそらく前田愛や芳賀徹やらがつくった。その後、これらのプロトタイプはさまざまに変奏され、編集されて、樋口覚から松山巌までが、関川夏央から東秀紀までが、それぞれに発展して踏襲した。このプロトタイプを、磯田光一がどのような議論によって肉付けしたかというのが、本書を読むフォークとナイフの使い方になる。切り口は、まず江戸晩期の「文学」がそもそもは「洋学」に対抗するもので、かつリベラルアーツの意味をもっていたにもかかわらず、やがて文学は単なる文芸作品の羅列の意味に変わっていったという問いから始まっている。少なくとも『日本開化小史』の田口卯吉のあたりまで「文学とは人の心の顕像なり」であったのである。ところが、いつのまにか文学は文芸意匠の代名詞になっていく。これはなぜなのかというのが、磯田の最初の問いである。これで本書における磯田の包丁捌きがどういうものかが、だいたいわかる」

文芸評論家の仕事とはこのようなものなのか。

まったく興味が湧かない。
[2014/12/24 21:55] | 追うぞ! 千夜千冊 | コメント(0) | page top
<<追うぞ! 千夜千冊132夜 『青い花』 ノヴァーリス | ホーム | 追うぞ! 千夜千冊130夜 『裏切られた革命』 レフ・トロツキー>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。