FC2ブログ
他人事
他人事と書いて「たにんごと」と読む人がいる。言葉を知らないのだなと思う。他人事は「ひとごと」と読む。しかし「たにんごと」と読む人がいる以上は言葉も生き物だから辞書にも掲載されるに至っている。

それでは人事と書けばよいとなろう。これならば「たにんごと」とは読めまい。しかし今度は「じんじ」と区別できないと言ってくる。困ったものだ。

人ごと、これが適した表現ではないか。そもそも人は他人という意味である。さらに私ならば対語として「我ごと」を創ってしまう(すでに創ってしまった)。

「人ごと」と「我ごと」である。

では「人ごと」とはどういう意味か。
他人事それ自体の意味は「自分には関係のないこと。他人に関すること」である。その用い方は、「他人事ではない」と言うように「他人事だとのんきに思ってはいられない。やがて自分のうえにもふりかかってくるかもしれない」というニュアンスで用いられる。

つまり、大事は当事者意識だということだ。若い人たちの「他人事」は正す対象である。諭さなければならない。それが教育だろう。
[2011/10/02 11:24] | 未分類 | コメント(0) | page top
<<力のある人 | ホーム | ヨガの分類>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |