FC2ブログ
追うぞ! 千夜千冊105夜 『田宮模型の仕事』 田宮俊作
松岡正剛さんが小学生だった頃の話が書かれている。
「ぼくは小学5年のときに電気倶楽部を創部した。創部といっても、花井君という同級生と二人でつくったもので、小さな木工の家や木工トロッコや虫の城のようなものをつくり、それに電線と豆球をいろいろ配してキラキラさせたり、動かしたりしたかったのだ。花井君のお父さんが大工さんだったので、ぼくらはいつも大工道具に埋まった仕事場にいりびたって、木工細工にとりくんだ。もっとも、電池づくりだけは電気倶楽部らしく、いくつもつくりあげていた。次にぼくが熱中したのは模型飛行機である。竹ヒゴとゴムとブーブー紙でつくりあげるもので、できあがった飛行機をゴムをぞんぶんに巻きあげて、そっとプロペラから手を離して飛ばす瞬間は、たとえようもなくセクシャルなものだった。その後も、ぼくは木工感覚の模型をつくることに惹かれ、しだいに祇園祭の鉾や寺院や電車などをつくるようになっていった。キットを買ってくるのではなく、一からつくるのである。どちらかというと木工キットは嫌いであった」

我が幼少時代にそういう経験なし。木工細工と云ったら竹で拵えたヘリコプターぐらいのもんだろうか。子どもながら興味が湧くというのは理解できる。しかし「たとえようもなくセクシャルなものだった」なんて表現ふつう使うか? 松岡正剛さんは子どもの時からませていたのだな。

静岡と模型メーカーの関係を松岡正剛さんの記事から学ぼう。
「日本の模型メーカーは静岡県に集中している。もともと木曽材の集散地であったために木工業が発達し、家具・ピアノ・雛具から下駄におよぶまで、静岡は断然強かった。いまなお静岡といえば、田宮模型を筆頭に、フジミ模型、長谷川製作所、アオシマ文化教材社、イマイなどの模型メーカーの名がうかぶ。静岡は富士と白隠と茶でもっているだけでなく、模型とサッカーこそが20世紀名物なのである。その静岡の一隅に木材業の田宮義雄が木工模型屋をひらいた。おんぼろ工場で手作りの模型を受注してつくるというものだったが、本書を読むと、そうとうの貧乏続きで、おまけに戦災や火事に何度も遭遇して、実はさんざんな日々をおくっていたようだ。そこへプラスチック模型が輸入され、国産メーカーがあらわれた。泣きっ面にアメリカからの蜂である。田宮義雄は「こんなものは模型じゃない」と言いながら、泣く泣くプラモデルのメーカーに転身することになる。高度成長の真っ只中、「少年サンデー」と「少年マガジン」が創刊された1959年のことである。本書の著者、田宮俊作が父の仕事の手伝いを始めたのはちょうどこのころからだったようだ」

今宵は株式会社タミヤの二代目の企業論である。創業者である父・田宮俊作を継いできた社史が綴られている。あまり欲しい知識でもないから精読する気がしない。松岡正剛さんもちんたら要約しているだけでつまらない。

だけど今宵の松岡正剛さんの記事で次の個所には興味が湧いた。
「本書は、このあとも“世界のタミヤ”の連戦連勝を記録しているが、ぼくが興味深かったのは、模型というものの本質を随所に感じられたことである。たとえば、多くのプラモデルは実物の縮小でつくられているのだが、スロットカーのようなモデルでは必ずデフォルメがされているということ。寸分たがわず設計すると、どうにも不格好になる。そこでいろいろデフォルメを加える。これは、人間の視覚に原因がある。ふだん、われわれは自動車を目の高さで見ているが、スロットカーは上から見下ろしている。たいていは車幅と車高を変化させるらしい。設計にはつねに設計者個人のクセをいかしているというのも、おもしろい。とくにパーティング・ラインの引き方に個性が出る。また、組み立てやすいだけが重要なのではなく、組み立てているうちに夢中になるように設計しておくことがポイントになっている。こういうことを熟練するには、本物を解体することが必要になる。本書にはポルシェ934ターボ(RSR)を分解するくだりが出てくるが、そうすると本物の製造工程が見えてくる。それをプラモデルの設計思想にとりこんでいく。模型の思想は「ミメーシス」と「もどき」の思想である。そこにはリアルとヴァーチャルを分断するものがない。子供の記憶にひそむイメージから実物をへて模型にいたるまで、そこには形態模写だけではない多様なイメージが連鎖する。当然に速度感、重量感、所有感も連鎖する。これは、機械模型というものが歌の本質である「本歌取り」と同じことをしているということなのである。ぼくは残念ながらプラモデルづくり派ではないが、田宮模型の店に入るたびに、そこがまるで“機械の古今集”の集大成を、いまなおおこしつづけているような気分になるのである。田宮俊作さん、あなたはほんとうに偉い人だねえ」

最後は松岡正剛さんのいつもの編集工学の話に行きつく。これは模型論か。あくまで本書は企業論だと思うので株式会社タミヤの沿革を知るケースということでさらりと目を通し今宵はお仕舞いとしたい。
スポンサーサイト



[2013/10/20 23:14] | 追うぞ! 千夜千冊 | コメント(0) | page top
| ホーム |