スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
追うぞ! 千夜千冊82夜 『円環の変貌』上・下 ジョルジュ・プーレ
またかったるい本だな。そんな感想が口に出た。本家の記事も読んでみた。が、意味がわからん。何について書いてあるのか、さっぱり理解できやしない。

ジョルジュ・プーレって誰? 1902年ベルギーに生まれ、リエージュ大学で法律と文学を学び法学と文学でそれぞれ博士号を取得した。1927年(25歳)から1952年(50歳)までの25年間、エディンバラ大学でフランス文学を担当した人である。本書に先立つ『人間的時間の研究』『内的距離』が代表作だそうだ。

タイトルから円環について論じた本だとわかる。上・下にわたる大著でまったく読む気が起こらない。目次を眺めた程度ではあるが、はしがきだけはきちんと読んでみた。円環とはまるくつながった輪のこと。ジョルジュ・プーレは、円環は普遍的で恒常的だと述べている。円環を思索したのだろう。

その円環が変貌するとはどういう意味か。ジョルジュ・プーレはこう述べている。私には書いてあることが分からない。
「したがって《円環の変貌》とは、ここでは定義上変貌しえないような形象の変貌ではなくて、その形象がたえず人間の精神において適合してきたさまざまな意味の変化として理解しなければならない。こうした意味のさまざまな変化は、人間存在が、自分たちのうちのもっとも内奥にあるもの、すなわち内的なものや外的世界との彼らの関連についての感覚、空間と時間的持続についての彼らの意識を、みずからに表現してみせるその仕方のうちに照応して現われるところのさまざまな変化と合致している。このように平行して現われる変貌のいくつかをたどることが本書の目的である」

加えて、それが一体全体どうしたと云うのだと思う松岡正剛さんの学びを記すと、
「ぼくは結局のところは、円環がどうのこうのというよりも、この本を通して、ニコラウス・クザヌスの多世界観、ロレンス・スターンの実験、ヴィンケルマンの古典探求の方法、シャフツベリの哲学、「スペクテイター」という雑誌の記事の多様性、ディドロの分子的宇宙を、さらにはぼくがルソーを食わず嫌いだった理由ノヴァーリスとヘルダーとジャン・パウルのちがい、コールリッジの「クラブ・カーン」の衝撃的な意味などを、つづけさまに入手できる快感にひたったのだった。それは円環思考をめぐるための読書というより、まして学問的な思索などというより、まるで文学的思想事典のような役割をはたしてくれたのである」

松岡正剛さんが最後のほうで次のようなことを書いている。
「本書を「千夜千冊」にとりあげるにあたって、書棚から取り出して見ていたら、昔のシャープペンシルによる書きこみが懐かしかった。そこには「バカ!」「これはおかしい」「わかってない」といった批判の言葉が多かった。ぼくは当時、プーレのような叙述がかったるかったのだろう。そのくせ、きっと文芸的アーカイブのように、ときおりそこからデータを引き出してきたのだったろう」

どうでもいいわ。
スポンサーサイト
[2011/11/28 21:16] | 追うぞ! 千夜千冊 | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。