FC2ブログ
未来を想う
2012年はどうなるのだろう。2013年はどうか。2014年になったらどのような人生になるのかと。未来へ歩むごとに毎年1つ歳をとる。アラフィフの門に入ろうとしながらも、その後の50代の自分を想像してみる。

その時ふとこんな欲望が身体の芯から湧いてくる。本来の自分の姿に限りなく近づきたいと。そして近づける猛烈なエネルギーを焚き出すには最後の10年ではないかと。

基盤に、健康と自由がないと、猛烈なエネルギーを焚き出して本来の自分の姿に限りなく近づくなんてできやしない。だから食べる事に生命を賭けているし、事業を興し誰かの意志による仕事はもうしないという環境をこしらえた。

あとは自分が善きことを行ない社会へ利他の精神で貢献できるかということ。それに価値が認められれば長らく生かされるだろう。

そんな風に考えながら未来を想う。

使命は、人間社会を豊かにすることのできる人材の育成である。私は、地球人や、グローバル企業人のキャリアを選ばなかった。地域の相互扶助の共同社会に根ざし、この愛する国の内で使命の遂行に精進する。

未来を想い、この人生を行ききる。
スポンサーサイト



[2011/10/07 00:22] | 未分類 | コメント(0) | page top
| ホーム |