FC2ブログ
4時間トーク
大学生だった頃、どうして女はあんなによくしゃべれるのかと、呆れていたというか、不思議でした。どちらかと云うと私は無口な男で、語りたいことってそんなん一言二言ですむやないか。そんな感覚でいました。

今年に入り何かに導かれるように25年ぶりに再会した大学時代の知人(彼女は陸上部のマネージャーだった)と最近はよく会うようになっています。

今日は心斎橋でヨガをしてその後にホテルのラウンジでお茶するパターン。思い起こせば彼女も大学時代は口数が少ない人だった気がしますが、そんな二人がおしゃべりすると、気がついたときには4時間が経っていました。たしか15時30分ごろからスタートして19時30分ぐらいまで。日が暮れていくのが視界に入りましたし。

4時間トークは、おおよそ120分サイクルが2回転する感覚です。120分で、そのとき話題にしたい大きなことを一つ取りあげる。ほぼ平等にしゃべっているとして、自分のことを1時間ほど語る。残りの1時間は相手の話を聴く。それが2度あるってことです。

その4時間は、当然ですがストップウオッチで測るわけでもなく、時計を見ることもなく、無意識状態で通り過ぎていきます。つまりまったく時間の感覚がなくなっています。時間の感覚がなくなるということは集中(事に没入)しているということです。

大学生だった頃に「どうして女ってあんなによくしゃべれるのか」と感じた疑問を、今の私はそっくりそのままこなしている。そう思ったら可笑しくて笑みがこぼれました。

楽しい。嬉しい。4時間トーク。
スポンサーサイト



[2011/09/25 03:33] | 未分類 | コメント(0) | page top
| ホーム |