FC2ブログ
精神≒魂に対処する人たち
3.11以降に日本は霊性の時代に入ったと感じていまして、今後は「精神≒魂に対処する人たち」が活躍することになろうと思います。

まだとても荒い分類ですが、「精神≒魂に対処する人たち」ってどういう人たちなのかを観ないといけないので、大きく分けてみました。

最初に、精神≒魂を人の内に観るのか、それとも外に観るのかという基準を考えました。

前者は、セラピスト(ヒーラーとか、チャネラーとも呼ばれる)と心理カウンセラーです。これらの人たちは、人(通常はクライエントと呼びます)の心の内にある精神≒魂を扱います。

後者は、霊媒師と運勢鑑定士(占い師とも呼ばれる)です。これらの人たちは、人の心の外にある精神≒魂を扱います(つまりクライエントの心そのものは扱わない)。

次に、対処の基準が直観に依るものか、根拠に依るものかの基準をあててみます。

前者の場合は、セラピストは自身の直観に依り対処しますが、心理カウンセラーは心理学的根拠に依り対処します。後者の場合は、霊媒師は自身の直観に依り対処しますが、運勢鑑定士は統計学的根拠に依り対処します。

こうやって分けると4種類の「精神≒魂に対処する人たち」が存在することが分かります。曖昧に「スピリチュアルな人」などと言っている限り「精神≒魂に対処する人たち」を漠然としか観ることができないのです。とにかく分けないといけません。

私は、いずれの種類の「精神≒魂に対処する人たち」にも、その見識・実力の浅い人から深い人までいると思っています。また職業に貴賓はなくて、いずれの種類の「精神≒魂に対処する人たち」間にも上下関係はないとも思っています。

もし非難することがあるとしたら、いずれの種類の「精神≒魂に対処する人たち」に対しても、見識・実力が浅いにもかかわらず、クライエントをたぶらかすかのようにもて遊ぶ人たちには厳しい目を向けないといけません。

いずれの種類の「精神≒魂に対処する人たち」であっても、深い見識・実力を備えクライエントを満足・安心させている限り、立派な職業人であるということです。
スポンサーサイト



[2011/09/23 22:15] | 未分類 | コメント(0) | page top
| ホーム |