FC2ブログ
ヨガのレッスン
正直なところ、ある方と一緒にしたくてヨガに関心を持ちました。もうその願いも叶わないかもしれませんが、その関心を機に能動的にヨガスタジオを探し思いきって訪ねてみてヨガのレッスンを始めました。

おそらく最初の動機がなかったら、ぐうたらな私は生涯ヨガには出逢わなかったと思います。そういう意味では、きっかけというのは偉大なる縁だと感じます。

最初の頃は、ヨガとはこういう身体の動きとなるのかと、インストラクターが示すポーズを茫然と眺めては自分でやってみるのですが、どうにもこうにもヨガらしきものでしかありません。筋肉痛にもなりました。初心者の仲間と共にやっていたのですが、みんな同じような感じでした。

ヨガのレッスンでは、インストラクターが指導してくれます。身体感覚の伝達なので、少しスピリチュアルな表現をしますと、かなりの波動を受けます。インストラクターの気を浴びることになります。この波動(気)が私のそれと同調すると快適に感じるし、同調しないと不快に感じます。これって先生とのケミストリーなので感じるしかないのです。

私は同性インストラクターには最初から興味はありません。だから何人かの女性インストラクターのレッスンに出てみて、先生とのケミストリーを感じていました。この相性ってものすごく大事でヨガの効果を大きく左右すると考えています。

Mさんとの出逢いがあり、私の最も呼吸があうインストラクターのレッスンを受けることができるようになったことは大きな収穫であり喜びです。

そうなると欲が出てきてMさんを一人占めしたくなります。集団レッスンでは仲間と一緒にやるのでどうしても個人差が出てしまい、自分の身体の状態をインストラクターに充分にみてもらえない。後にMさんの個人レッスンを受けるのですが、私の身体の状態にあわせて指導してもらえます。はっきりと実感しましたが、集団レッスンと個人レッスンとでは心身効用に大きな差が出ます。身体の拡がり度合いがまるで違うのです。

いま、Mさんの個人レッスンを続けています。

私は将来ヨガの指導者になるとかそのような目的は毛頭なくて、ひたすらに心身を拡げたい、血流を良くしたいと一心です。あぁ~、こういうヨガのレッスンが自分に適しているのだと全身で感じています。
スポンサーサイト



[2011/09/10 05:59] | 未分類 | コメント(0) | page top
| ホーム |