FC2ブログ
「終わる・終える」と「始まる・始める」
ある事柄について、ここで原則としてルールを、同時にはしない、時間軸でAの次にBが来るとしましょう。

そのとき、次の4つのオプションがあります。
(1)Aを終えるからBが始まる
(2)Bを始めるからAが終わる
(3)Aが終わるからBを始める
(4)Bが始まるからAを終える

ある人から安定思考とか保険思考と言われている私は、正直なところ、(4)を志向することが多いです。こんな私と対極が、冒険思考とか挑戦思考と言われる人たちの(1)の志向ではないでしょうか。※彼らの次の選択は(3)となります。

私のチョイスは、(4)の次に(2)です。それはどういうことかと言うと、Bについて、始まろうが始めようが、この発生が順序として先だという見解です。

(1)(3)志向のライバルはこう反論します。Aについて、終えようが終わろうが、この発生が順序として先である。理由は、Aの発生がないと“真のB”は生まれないからである。

心中苦しいところを云えば、ライバルの反論に打ちのめされそうです。そうかもしれない。かなり心が揺らいでいます。

それでも私は(4)(2)志向でいたい。論点は、“真のB”はいかに生まれるのかにありましょう。それは、人の欠乏感から生じるものではなく、人の充実感から生じるものであると思いたい。これは私の価値観です。

あなたはどう考えますか?

余談ですが、
(5)Aを終えてもBが始まらない
(6)Aは終わっていないしBも始まってもいない
(7)Aは終わっていないがBが始まる
(8)Aは終わっているがBを始めていない
という特殊系が出てきます。それぞれに奥深いものがありますね。
この議論は尽きないのかもしれません。
スポンサーサイト



[2011/09/04 07:38] | 未分類 | コメント(0) | page top
| ホーム |