FC2ブログ
人と逢えていることは奇蹟
心から逢いたいと願っている人に、心から逢いたいかというとそうではない気がすると返された時、表題の「人と逢えていることは奇蹟」という言葉が私に降ってきました。

この日本だけでも1億人を超える人がいて、誰かと知り合いだと言ったとしても、せいぜい何百人ぐらいというところでしょう。人と知り合い関係にあることそれ自体が極めて稀なのです。

ましてやその知り合い関係の中から、実際に逢ってともに時間を過ごすというのは、稀中の稀、すなわち奇蹟と言わずして何と表現するのでしょうか。

逢おうとしたから人と逢えている。これは人界発想。浅はかな人間の驕りであるのかもしれません。実際には、人と逢おうとしても必ずしも逢えるとは限らない。逆に逢う予定のなかった人であったとしてもご縁があれば逢えていることもある。これが天界発想。

奇蹟なのですからあり得ないことです。あり得ないことなのですから、深い感謝の気持ちをもって、この有難い=価値に向かい合わないといけない。それが人間の正しい姿勢と行動なのだと思います。

将来、心から逢いたいと願ってもらっている人に、どうしても心から逢いたいかというとそうではない気がすると返さなければならない時、この自分の意志決定がどんなに正直な心境であったとしても、実は相手の人生に相当な影響を及ぼすのだという自覚を持てる心の優しい人間になりたいと思います。
スポンサーサイト



[2011/08/26 00:41] | 未分類 | コメント(0) | page top
| ホーム |