FC2ブログ
千夜千冊27夜 『トイレ掃除の経営学』 大森信
自分が千夜千冊をしていることをすっかり忘れていました。前夜に何を読んだのか記憶にないほどです(ブログの記録によると『リベラルライフ』 杉本彩で、昨年10月末に書いています)。さて気を入れ直して再開します。

今宵は、読む前から本著に何が書いてあるのか分かっていました。と言うのには理由があります。著者とはお会いしたことはありませんが、神戸大学経営学研究科で加護野忠男教授に指導を受けられた方ですし、加護野教授(現在、甲南大学特別客員教授)からも本著のニュースを聞いていたからです。私も広くは加護野門下ですので、同門の大森さんがトイレ掃除から経営学の大事として何を研究なさったのかがおおよそ分かります。

しかしながら一般の人には本著はタイトルだけからは意味が取れないでしょう。また経営学を学びながらも浅はか者は、本著を小バカにし関心を持たないかもしれません。大切なことを述べているにも関わらず本著が顧みられないのは広く経営学に学恩を受けるすべての者にとっての損失です。

私の関心はこのタイトル(トイレ掃除)でどういう議論をするのかということでした。つまりトイレ掃除は個人と組織にとって大事なのですが、それをどのようなフレームワークを用いて説明するのかということです。

本著では、唐突にSPA(Strategy as Practice)という概念が提示されます。これは考察不足で中途半端な議論であるという印象を持ちました。経営戦略論としての位置づけにどうも実感が伴わなかったです。「リソースベーストビューの新種?」ぐらいの感覚かしら。何をもって動態的・静態的と分けるのでしょうか。この議論はあまり感心しない。

それより、プラクティスの定義を「意識レベルでの目的的判断や意図によってドライブされた行為ではなく、身体化された非意識的な振る舞いないし惰性的行動」とし、いよいよプラクティスたるトイレ掃除に内在する意味を見出そうとする議論が始まったときから私の感心度は上がってきました。

簡単に言ってしまえば、著者はこのプラクティスは効用をもたらすと説いているのです。個人と組織にどのような効用をもたらすのか。そのフレームワーク「どのように(How)軸・何のために(What)軸」とそれを用いての説明は、私にはすごく斬新でした。初めて聞いた意見です。またこの見解が経営学者から示されたことに敬服します。

結論だけを記しましょう。※感心を持たれたら本著を買って読んで下さい。
(1)掃除を日々繰り返し続けることで、個人に宿る精神がある。具体的には、毎日掃除することによって、組織メンバーが様々な感情を引き起こしていく。そしてその変化の傾向は、自力と利己の精神から自力と利他の精神へ、そして最終的には他力と利他の精神に至る。
(2)自力と利己、自力と利他、他力と利他の3種の組織メンバーを保持することで、組織全体の問題解決力が持続的に向上していく可能性がある。掃除を通じて宿った精神が企業にもたらす効用は4つある。1つは、手順をきちんと守ったり手際をよくしたりすること。2つは、正常な状態を知ったり保ったりすること。3つは、他人のためになることや他人とともに活動すること。4つは、仕事以外も含めたあらゆることを受容することである。

読み終えての感想。「掃除を通じて養われる精神と効用」について、フレームワークと説明の仕方に感心しましたが、はたして実証されたのかどうか。今の段階では大きな仮説にすぎないのではないかとも思います。

それでも実務家としての私には著者が論じる「掃除を通じて養われる精神と効用」は真実だと実感できます。
スポンサーサイト



[2011/08/25 03:16] | 千夜千冊 | コメント(0) | page top
| ホーム |