FC2ブログ
東北関東大震災2
3月12日土曜日、13日日曜日は、日本列島は晴れで気温もさほど下がらず穏やかでした。被災地の救援においては何よりの救いだと思いました。日曜日は終日テレビを見ていました。目を覆いたくなるばかりの悲惨でこれが現実だとは信じ難い状況でした。テレビはこの段階で死者数は2桁と報じていましたが、直感で4桁になると感じました(その数日後に自分のこの直感さえも甘かったことを思い知りました)。

私は、1995年の淡路・阪神大震災を大阪で体験しています。32歳になる年でした。震災3日後に西宮北口から六甲へ歩きましたので被災地の情景が今でも脳裏に焼きついています。徐々にテレビに被災地の映像が流れ始めていましたが、淡路・阪神大震災のものとはまるで違う。津波にのまれるというのはこういうことかと愕然としました。自分の身体が震えていました。淡路・阪神大震災では大方は建物倒壊による圧死・窒息死でしたが、今回は津波による溺死がほとんどでしょう。

14日月曜日以降も自宅にいました。仕事はキャンセルとなりました。複数のメディアから情報収集は続けました。無関心と無知は人でなしと思っていましたし、私の職業使命は、ものごとを知ることにより人が人として明るくなることを支援することですので、自らがその実践をやめることはできません。

福島原発のニュースが緊急案件でした。この記事を書いている今でも現代進行形で事態は推移しています。この先どうなるかわかりません。大規模なメルトダウンとなれば東日本は壊滅でしょう。東京電力という会社の命運は尽きたと思います。いまでも現場の方々は状況によっては命がけで行動していただいているとは思います。だけども大局的には、会社の使命を会社の力でやりきってこの危機を乗り越えられないのではあればもはや存在意義はありません。いまは事実上政府の管理下にあります。疑問に思うのは東京消防庁の投入が遅すぎたのではないか。

最初は輪番停電と呼ばれていた計画停電ですが、14日月曜日から始まるということで、世のなかには経験則がないため初めてづくしでした。茂原市は第1グループだと前日に知っていましたので、何時から3時間程度の停電になるのかさっそく探りました。追って茂原市から回覧板がまわってきましたが、14日月曜日の段階では情報不足でした。影響が大きかったのは電車が運休するということです。外房線は運転を見合わせました。私は急ぎ動く必要はなかったので困りませんでしたが地域には混乱でした。計画停電は、結局、14日月曜日と15日火曜日は、茂原市では実施されませんでした。

(続く)
スポンサーサイト



[2011/03/18 07:40] | ニュース | コメント(0) | page top
| ホーム |