FC2ブログ
THE OUTSIDER
経営学や、殊にHRMに関わる人で、この事例に着眼しているのは私だけだと思います。誰も格闘技など知らないし、ましてやほとんど無名の THE OUTSIDER に関心が払う人はいません。※THE OUTSIDER は、ジ・アウトサイダーと読まれます。

THE OUTSIDER は、リングスが主催する素人の総合格闘技大会です。2008年春に始まりましたので今年で丸3年が経過しています。

他と何が差別化されているかと云いますと、いわゆる不良少年がリングにあがることです。彼らは、暴走族のリーダーであったり、全国各地の暴れ者・喧嘩自慢の子たちです。彼らに格闘技を通じた更生の道を用意し、優秀な選手を将来格闘技のメジャー団体の大会にプロデビューさせることを目標にしています。

ディファ有明で THE OUTSIDER 第15戦を観戦してきました。28試合もありました。

出場資格が年齢16-35歳まででプロでの試合経験が3試合以下の者なので、実際には不良少年ではない選手も出場しています。高校教師や弁護士の人がいました!

不良少年は日の目を見ない。そんな暗い存在の彼らが前途に光明を見いだす。そういう希望を与える場です。前田日明さんの言葉であらわすと「不良達よ、覚醒せよ」です。

なんと活き活きしていることでしょう。勝者は、試合が終わると記念撮影やマイクパフォーマンスを与えられるのですが、大半の選手が、アウトサイダーは最高ですとか、自分に日の目を見させてくれた関係各位の皆さんに感謝をあらわしています。

人材育成の場としては素晴らしい。
スポンサーサイト



[2011/02/14 06:11] | 価値ある商品 | コメント(0) | page top
| ホーム |