FC2ブログ
松岡正剛・平城京レポート
悲しいことですが現実なのでしょう。

以下の報道がありました。

奈良県は1月31日、昨年の平城遷都1300年祭の内容をまとめた冊子「平城京レポート」に誤記や再確認が必要な記述が計170か所あったと発表した。

県は配布予定だった800部を、編集を委託した業者(東京)に返品し、刷り直すよう求めている。昨年末に約1000部を発行した後20か所以上のミスが判明、対応を検討していた。

発表では、誤記は1567年に焼失した東大寺大仏殿を「1000年以上も保存されている」とするなど47か所。誤植は法華寺(奈良市)を「法華時」とするなど37か所。確認が必要な表現も86か所あった。同レポートはA4判、284ページで、編集費約400万円。昨年9月から3か月間で外部のライターら約30人が執筆した。県は「執筆期間が短く、確認も不十分だった」としている。

(読売新聞)

問題の本質は2点あります。※敬称略します。

1.この「平城京レポート」なるものは松岡正剛史観であること。好きな人もいれば認めない人もいるということです。ただ国の歴史認識を一人の史観に依拠してよいものなのでしょうか。これは問題だと思います。
※私は松岡正剛さんを尊敬していますからいつかこの「平城京レポート」を読んでみたいと思っていました。ただし鵜呑みにはいたしません。

2.「外部のライターら約30人」というのは、松岡正剛門下の人たちだと思います。彼らの名誉のために述べますが、松岡正剛の指導に基づいて誠心誠意「編集工学」を駆使したのだと思います。ところが彼らは歴史研究家でもなく普通の市民で松岡正剛により書くことにパワーを与えられているだけの存在です。この外部ライターの起用もおそらく松岡正剛の一存でしょう。加えてライターが30人もいるのに原稿の「編集」(一般に云う編集とは異なる)はできても肝心の校正がおざなりになる誠に奇妙な人たちです。マネジメントがないのです。
※ちなみに私はこのライターの何人かを知っていますが、どなたも真面目に松岡正剛を信奉されています。アドバイスですが信奉は尊敬に留めておかれたらどうでしょう。

いずれにせよ世間に迷惑をかけたのですから謝罪と猛省をお願いしたいものです。
スポンサーサイト



[2011/02/01 05:36] | ニュース | コメント(0) | page top
| ホーム |