FC2ブログ
断捨離
やましたひでこさんにはお逢いしたこともないし、実は彼女の書籍も一冊も読んだことがありません。ですが断捨離は有名なコンセプトになってきていますし、今日その実践者はダンシャリアンと呼ばれるに至っています。

ですからやましたひでこさんがどのような主張をなされているのか知らないのですが、私なりにその大事を察してみようと思います。

モノはもうそんなに要らない。この命題からスタートです。不要で、不適で、不快なモノには、近づかない、買わない、捨て去る。もちろんモノの全部を否定するのではなく、必要で、適切で、快適なモノは受け入れる。要するに自分のなかで目利きがきちんとできているということ。

ドミニック ローホーさんの『シンプルに生きる』は読んだのですが、おそらく断捨離と根っこは一緒でしょう。副題にある通り、変哲のないものに喜びをみつけ、味わう、ということです。

私もダンシャリアンになろうと決めました。

スポンサーサイト



[2010/12/26 07:37] | 言葉 | コメント(0) | page top
| ホーム |