FC2ブログ
ポジティブ心理学
ある経営学者に、持論の組織・人材マネジメントって経営学か? という趣旨の問いを投げたら、それは(彼が)気にしていることで、(私にそう問われて)悲しくて、(私から)断罪を受けるなら、(彼と私が集う予定の)ある会合(組織と人を活性化することを研究する会)には行きたくないと返事がきました。

私はその教授から15年も前に、優れたリーダーは持論を持つべしということ、最近ではポジティブ心理学の大事を教わったところなので、(指導者として)当然に何事もポジティブな心構えで研究なさっているものと思っていましたので、このネガティブな返事にはショックを受けました。

私の中では、経営というのは、畢竟、事業を創造し、成長・発展させることです。それを研究するのが経営学です。故に組織・人材マネジメント(この中に組織行動論とかの専門科目名がある)も経営に貢献するものでなければならないと思います。知恵をともに提案しあって事業を創造し、成長・発展させ豊かな社会を創りましょう(ピータードラッカーの云う顧客創造)。

金井壽宏さん、実務で私はたくさん経営に貢献する組織・人材マネジメントに出会いましたし同時に矛盾や問題にも直面しました。ポジティブな心構えで経営がより良くなるように話あいできませんでしょうか。
スポンサーサイト



[2010/12/19 07:26] | 人物評 | コメント(0) | page top
| ホーム |