FC2ブログ
心臓ペースメーカーと携帯電話
いつだったか地下鉄で、座っていた初老の男性が目くじらを立てて、前に立っていた若者を怒鳴りつけていました。何が起こったのかと観てみますと、要はこういうことなのです。

その男性(おそらく心臓ペースメーカー利用者)が座っているところは携帯電話の使用禁止エリアで、それは、心臓ペースメーカー利用者等がより安心して地下鉄に乗れるようにと配慮されたものでした。そこに若者が立っていて、おそらく携帯電話の使用禁止エリアだと知らずに、携帯メールをしていたという状況です。

この場面ですが、実際にその場に居合わせみますと、実感としては、その初老男性の言いがかりのように見えました。

実際論から云うと、最初に、公共交通機関における、携帯電話などが心臓ペースメーカーに対して影響を及ぼすとした携帯電話のマナー啓発キャンペーンは不自然に感じます。そもそも、携帯電話の使用により心臓ペースメーカーが誤作動をおこした事実はあるのでしょうか。そのようなことは聞いたことがありません。

そして、たしかに公共交通機関で携帯電話で通話するのはマナー違反です。しかしながら受信すること(通話もメールも)自体と他のメール操作を規制することなどは到底できないことです。いまやスマートフォンの時代です。まったく非現実的です。

これは冗談ですが、万が一その初老男性が心臓ペースメーカーで異常になったら、私はその若者に、あなたが(その男性が)怒りで興奮したから異常となったのだと言い返せとアドバイスしてやろうと思いました。

スポンサーサイト



[2010/10/08 16:35] | 観察眼 | コメント(0) | page top
| ホーム |