FC2ブログ
自炊の業者
数日前に、自炊が、自分の書籍や雑誌、漫画などを電子化することを指すと述べました。この自前で電子書籍を作る動きは個人の間に広がっています。当然のことでしょうが、この代行を有料で請け負う業者が増えてきています。

仕組みはいたって簡単なものです。業者に書籍を送りますと、本をバラバラにした後、スキャナーで読み取って電子データ化してくれます。データはDVDで返送されたりインターネット経由でダウンロードできたりします。料金は1冊あたり数百円程度でしょう。

さて、この業者が行なう自炊代行ですが、著作権法違反なのかどうか。私的使用のための複製は認められているので自炊は大丈夫ですが、それは本人が原則であり、代行は認められないとするのがいまの解釈だとは思います。

しかしながら明らかに今後は自炊の代行業者が増えていきます。もうこの流れは止まらないでしょう。本人の作業代行を請け負っているだけという主張は、法解釈以前に関係当事者として正当な感覚です。法解釈のほうを現実にあわせないといけないと思います。
スポンサーサイト



[2010/09/14 22:56] | 価値ある商品 | コメント(0) | page top
| ホーム |