FC2ブログ
いいでしょう、谷川貞治さん。

決まったことです。もう何も言いません。魔裟斗選手の宿命にドラマをみましょう。試合後の引退セレモニーは会場中が一体になるような過去最大の引退式になさるそうで嬉しいです。

第16試合についてはコメントが必要なのかもしれません。なぜこの試合がこの位置なのか。ゲガール・ムサシ選手の知名度アップが狙いだと思います。この試合はゲーリー・グッドリッジ選手がおそらく惨敗を喫すると思いますのでその(ゲガール・ムサシ選手の)印象づけが成されるかどうかが大事なポイントでしょう。

青木真也選手が第15試合にあるのは妥当だと思いますが、第14試合と第13試合は逆じゃないかと思うのですがいかがでしょうか。ここも主催者側の判断があったところでしょう。吉とでるように祈ります。

第12試合はDREAM VS SRC の象徴とも言える戦いです。DREAM勢の選手の知名度が圧倒的に高いため、勝っても負けても、とにかくDREAM勢の選手にチャンスとリスクの触れ幅が大きいのです。山本“KID”徳郁選手ですが、私は、この試合が最後のチャンスだと思います。負けたら選手生命を絶たれるでしょう。前日会見を欠席したのは背水の陣であるからです。ファンは皆知っています。勝って帰って来て欲しい。野性味のある山本“KID”徳郁をまだまだ見たいんだから。

K-1甲子園は、野杁正明君が準決勝でHIROYA選手に勝ったら優勝でしょう。1年生だから野杁時代の到来を演出するのに大事な一戦です(第1試合)。

さぁ、紅白歌合戦にチャンネルを回さないでDynamite!!~勇気のチカラ2009~を観ましょう!!

<メーンイベント>
魔裟斗(日本/シルバーウルフ)
アンディ・サワー(オランダ/シュートボクシングオランダ)
<第16試合>
ゲガール・ムサシ(オランダ/team Mousasi/Red Devil International)
ゲーリー・グッドリッジ(トリニダード・トバゴ/フリー)
<第15試合>
青木真也(日本/パラエストラ東京)
廣田瑞人(日本/フリー)
<第14試合>
アリスター・オーフレイム(オランダ/ゴールデン・グローリー)
藤田和之(日本/藤田事務所)
<第13試合>
吉田秀彦(吉田道場)
石井 慧(フリー)
<第12試合>
山本“KID”徳郁(日本/KRAZY BEE)
金原正徳(日本/パラエストラ八王子/チームZST)
<第11試合>
川尻達也(日本/T-BLOOD)
横田一則(日本/GRABAKA)
<第10試合>
所 英男(日本/チームZST)
キム・ジョンマン(韓国/CMA KOREA/KTT)
<第9試合>
メルヴィン・マヌーフ(オランダ/ショー・タイム)
三崎和雄(日本/フリー)
<第8試合>
桜井“マッハ”速人(日本/マッハ道場)
郷野聡寛(日本/GRABAKA)
<第7試合>
高谷裕之(日本/高谷軍団)
小見川道大(日本/吉田道場)
<第6試合>
柴田勝頼(日本/LAUGHTER7)
泉 浩(日本/プレシオス)
<第5試合>
HIROYAvs.野杁正明の勝者
嶋田翔太vs.石田勝希の勝者
<第4試合>
西島洋介(日本/AK)
レイ・セフォー(ニュージーランド/レイ・セフォー ファイト アカデミー)
<第3試合>
ミノワマン(日本/フリー)
ソクジュ(カメルーン/チーム・クエスト)
<第2試合>
嶋田翔太(主催者推薦/私立西武台高校/3年)
石田勝希(主催者推薦/初芝立命館高等学校/2年)
<第1試合>
HIROYA(主催者推薦/セントジョーンズインターナショナルハイスクール/3年)
野杁正明(主催者推薦/至学館高等学校/1年)
<オープニングファイト>
藤鬥嘩裟(関東地区Aブロック優勝/勇志国際高校/2年)
日下部竜也(主催者推薦/愛知県立豊田高校/2年)
スポンサーサイト



[2009/12/04 00:10] | 格闘技 | コメント(0) | page top
| ホーム |