FC2ブログ
痒いところに手が届く

痒いところに手が届くとは、どういう意味でしょうか。
細かいところまで配慮が行き届いて気が利いているということです。

ここまでは誰もが知っています。
大事なのは、「痒いところ」とはどこか、ということです。
案外知らない人が多いのです。

「痒いところ」とは、背中です。

ムズムズしているが掻けない。この「ムズムズしている」とは、潜在ニーズを持つということです。背中以外は顕在ニーズです。だから痒ければ掻けます。

道具を使って(孫の手とか)背中を掻く。これは己の潜在ニーズの探索と対応でしょう。

他者が背中を掻いてくれようとしたとき、「少し右かな」「そのちょっと上だよ」「あぁ、そのあたりかな」「そうそう、そこ」ってリアクションできます。その結果、痒いところを掻いてもらえます。

このとき、「その人は痒いところに手が届いた」というのです。
よく考えてみると、提案営業の本質だということが分かります。
スポンサーサイト



[2009/11/18 00:10] | 言葉 | コメント(0) | page top
| ホーム |