FC2ブログ
遺影

いつかテレビで観たことがあります。遺影撮影を専門としている写真館やカメラマンがいるのだとか。

遺影とは、故人の肖像や写真のことです。故人の残した写真の中で、最も良い表情のものを使用するか、もしそれがないという場合には、遺族が一番好きな写真を使用するというのが一般的な理解でしょう。

今日では、本人が、家族や友人に元気な姿を残したい、そういう動機で、自分の墓や葬儀の準備を生前にしておくのと同様に、遺影を残す人が増えてきています。

生前の遺影撮影なんて言ったら、縁起でもないと、かつてはそう忌み嫌われたことでしょう。容易に想像がつきます。今は真逆の認識となっているのが現状です。

老い支度がニーズならば、遺影は大きな価値となるでしょう。生活者の実態を良く観ないといけません。
スポンサーサイト



[2009/10/22 00:10] | 観察眼 | コメント(0) | page top
| ホーム |