FC2ブログ
カメ愛女

私も言葉を創ろうと思いました。カメ愛女は、かめじょと読みます。定義は、写真にはまりコンパクトデジカメから一眼(レンズ交換式デジカメ)にステップアップする女性、とします。

コンパクトデジカメは、すでに飽和状態とされています。メーカーの狙いは、コンパクトから一眼への買い替え需要です。その牽引役は、いつもカメラを持ち歩き旅先や日常の風景を写真に残したいという女性ではないかという仮説があります。

そういう女性を、私は、カメ愛女と名づけました。パナソニックのルミックスの事例は、まさにカメ愛女をターゲットにしていることが見て取れます。そうすると、大事なのは、従来の一眼レフは主として男性ユーザーを想定していたもので、カメ愛女から見ればゴツゴツしている印象なのです。だから買わない。

とにかく使いやすさ、お洒落なデザイン、そして何よりもこの一眼カメラがカメ愛女に向けたものだと思われるブランド、そういったコンセプトが統一された商品づくりが必要でしょう。

キャノンやニコンのような光学系は、カメ愛女を意識したら、とたんに従来の男性ユーザーファンを失うかもしれない。事業のジレンマってこのことです。だからパナソニックのルミックスは勢いがあるのでしょう。
スポンサーサイト



[2009/10/08 00:10] | 観察眼 | コメント(0) | page top
| ホーム |