FC2ブログ
白鷺さんご来田

うちのまわりは、稲刈りが終わり、その跡が、黄金色の絨毯が敷いてあるような色景色となっています。そしてなぜか、その広い田んぼに、朝、一羽の白鷺がたたずんでいます。そう、集団ではないのです、うちの近所は。広い田んぼに一羽なのです。それがあちらこちらに見られます。

この光景は、美しいのかどうか。毎朝、自分の心が定まらずもやもやしています。だって、田植えして苗が育ってきている状態の田んぼなら、緑と白は映えます。ところが、今は地が黄金色なのです。よく観るとそんなに悪い色合いでもないです。

この記事は、だから何が言いたいのと読者に叱られそうなのですが、私も言いたいことが決まらず悶々としてします。黄金色の絨毯の上に白い鳥一羽、これって何なのか。

白鷺が悲しんでいるようにも見えず、かといって一羽伸び伸びとしているようにも見えない。不思議な朝の一場面です。
スポンサーサイト



[2009/08/28 00:10] | 観察眼 | コメント(0) | page top
| ホーム |