FC2ブログ
鍾乳洞をLEDで照らすと

この事例は極めて興味深いと思いました。

鍾乳洞を発光ダイオード照明(LED)でライトアップすると、まず色彩表現の豊かさが増します。天井や壁を照らす光の色が青からピンク、紫へと移ろい、幻想的な雰囲気を醸し出すようです。

従来の白熱電球では単色しか表現できなかったものが、LED投光器に変えたことで1台で1670万通りもの光を表現できるようになるのだと。

さらに苔の発生を抑えるのだそうです。照明が発生する光や熱によって壁面に苔が発生すると景観を損ねるし滑るから危険でもあります。秋芳洞での実験によると、足元を照らす蛍光灯器具をLED器具に交換したところ、苔などの植物の発育を約15%抑える効果を確認できたそうです。

まさにプロジェクトラーニングの出番じゃないですか。LED照明が既存の照明と置き換わるだけでは市場は広がりません。

鍾乳洞を、「○○」に置き換えることで、あらたな顧客創造を行なって下さい。
スポンサーサイト



[2009/08/19 00:10] | プロジェクトラーニング | コメント(0) | page top
| ホーム |