FC2ブログ
こじれい

房総半島に暮らしていると魚を身近に感じます。

さかなクン(たしか千葉県館山市にお暮らしか)については一度コメントしてみたかったけれど、もう一人、気になる人がいるので、児島玲子さんについてまず書かせていただきます。

彼女は房総半島に暮らしているのではないけれど、やっとというか「情熱大陸」に出演してくれて、こじれいの魅力を知ることができました。

娘さんのお仕事は何ですかと聞かれ、答え難いので、母は、娘は漁師ですと言っていると、屈託なく笑う。そうなんだ、ごしれいは30代半ばでまだ独身なのか。きっとこれから多くの男が彼女にプロポーズすることでしょう。

プロアングラーというが、釣り師と日本語でいったほうがカッコいい。釣り師は釣ってなんぼ。そういう仕事。取材が背後にありざわついて魚が逃げるようでも、それでも魚を釣って見せないといけない。20代は釣り一色の時を過ごしたと、友人たちが恋愛だのグルメだのしている間にと、また屈託なく笑う。その笑顔がとても素敵な女性です。しかしプロフェッショナリティは随分と高い。

大原にお越しになっていたと知りました。釣りする人って、おじさんが多いが、もうごじれいは絶大な人気。めったにいない、こんな女性。釣りの世界の至宝でしょう。

ごいれいと並んで竿を垂れれたらいいな、そんなことを夢想しました。
スポンサーサイト



[2009/07/29 00:10] | 人物評 | コメント(0) | page top
| ホーム |