FC2ブログ
キャンベル生物学

なんだかとても嬉しいです。『キャンベル生物学』が届き、パラパラと頁をめくっている最中ですが、胸の鼓動が高鳴ります。こういう気持ちになるのは久しぶりです。

1500頁もあり、しかも1.5万円もする本です。Campbell Biology 7th Editionの邦訳。私は、仕事でも、私生活でも、生物学に何の関係もありませんが、人生で再度、一書生となって生物学を学んでみたいという気になってこの本を求めました。

ご案内の通り、生物学のテキストとしてはおそらく現在最高峰とか、海外で大学レベルの生物学教科書としてよく使用されているなど、このような修飾語句がつくように、『キャンベル生物学』は風格を備えています。

体系が持つ美しさを感じます。出会えてよかった。
スポンサーサイト



[2009/07/11 00:10] | 古典の智恵 | コメント(0) | page top
| ホーム |