FC2ブログ
マンモス悲(かな)ピー

のりピー語であらわすとタイトルのようになるかしら。

でも、ある意味これで良かったではないですか。命があったのだから。多くの方々がそれを心配していたのだから。

そんなことより、覚醒剤などの薬物が若者や芸能界などに広まっているのは周知の事実なのに、社会全体としての認識がないことは大変な問題だとある専門家が言っていました。その通りだと思います。

いまどきは皮肉にも、麻薬や覚醒剤の使用防止や撲滅キャンペーンにかかわる人にも、その当事者がいる可能性があり得るなど、社会への浸透の度合いが高いのではないでしょうか。

よく実態を知らねばなりません。
[2009/07/30 00:10] | ニュース | コメント(0) | page top
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>