FC2ブログ
魔裟斗の顔

俗に言うのなら、魔裟斗の首をねらう、でしょう。でもこれだと、どのように戦うのか分かりません。

川尻達也、この勇気ある総合格闘家が、もうすぐK-1のリングにあがります。対するは、2008年度の世界王者の魔裟斗。同じ格闘家といえども、ジャンルが異なると一方が不利になります。川尻達也はK-1ファイターではないので、魔裟斗が圧倒的に有利と言われています。

格闘技ファンとして、私は下馬評が好きではないし、自分でもめったにしないのですが、この試合は例外だと思い記事を書いています。

なんといっても、川尻陣営は堂々としていて、はっきりと焦点を絞っています。それは、魔裟斗の顔にあてる、です。山田武士トレーナーという、川尻達也以上にいかつい人が、「魔裟斗に弱点というか、打たれ弱い場所はある。そこに当てる。当てる自信はある。」と言っています。それは、魔裟斗の顔のどこかで、パンチのあて方(角度とか技術など)に秘策あり、という意味でしょう。

つまり、川尻達也が魔裟斗の顔にあてられるか否か、その戦いです。それ以外は、魔裟斗の圧勝でしょう。ですが、その作戦やりきって魔裟斗を倒そうものなら、川尻達也が一夜にしてスーパーヒーローとなるでしょう。

さて現実はいかに。7.13のK-1 MAXが楽しみです。
スポンサーサイト



[2009/06/22 00:10] | 格闘技 | コメント(0) | page top
| ホーム |