FC2ブログ
疾風に勁草を知る

激しい風が吹いて初めて強い草が見分けられる。人間も同じ。厳しい試練にあって初めて意志や節操の堅固な人物であることがわかるという意味です。

ある自動車関連会社の方とお話をしていた際、景気底打ちも年内には実感が持てそうで、次の成長ステージへ向けていまから施策を講じなければならないという認識を共有させていただきました。

目的は顧客創造。そのためにはビジネスを創らねばなりません。それには、人財が要るのです。勁草たる人はいつの世も不足しています。10年、20年先を見据えて、30代から経営職を育成しないといけないのではないでしょうか。

多くの企業で、着々とその準備が始まっています。
スポンサーサイト



[2009/06/16 00:10] | 古典の智恵 | コメント(0) | page top
| ホーム |