FC2ブログ
幼稚園児に横断歩道の渡り方を教える

いま現場ではどのように教えているのかはしりません。ただイメージから想像しています。幼稚園児に横断歩道の渡り方を教える際は、たぶん、こんな風に言うのではないでしょうか。

右見てね、左見てね、もう一度右見て、そしてね、手を挙げて横断歩道を渡りましょう!

で、ある幼稚園児が先生に聞くのです。ねぇ、先生、どうしてそんなことするの?

車はスピード出して走って来るの。あなたが車とぶつかったら大変でしょ。右から車が来ないか、左から来ないか、きちんと確かめようね。そう、念のためにもう一回右から来ないか見よう。もし車が見えなくても、あなたが手を挙げて歩いていたら、運転手さんがきづいて車を止めてくれるのよ。だからそうするの。安心だよね。

その質問する子がいなくて、先生に言われるが通りに、皆が素直にその通りにしているとしたらどうでしょうか。

子供の、どうして? を大切にしたいし、どうしてそんなことするの? と問われなくても理由を教えてくれる先生がいることを期待しています。
スポンサーサイト



[2009/06/12 00:10] | 言葉 | コメント(0) | page top
| ホーム |