FC2ブログ
ジテツー

松下幸之助が丁稚奉公したのが自転車屋で、自転車用ランプが縁で自転車に電池をつけて走らせたらどうかと発案したとか。ですから、パナソニック(子会社のパナソニックサイクルテック)は電動アシスト自転車には思い入れがあると言われています。

ジテツーという言葉が一般的になりつつあります。株式会社あさひのような会社にとっては追い風でしょう。

いまのままジテツーが増えたら、最大の懸念は、道路交通法で縛られて、もしかしたら、自転車乗るのに、運転免許やヘルメットの着用および自賠責保険への加入などが義務付けられるかもしれません。だって、めっぽう飛ばして走っている人いますから。ぶつかったら、やっぱり危ないと思うのです。

さて、誰かが、もっとイノベーションを起してくれないでしょうか。
ポイントは、いかに歩行者と調和するかということ。自転車の概念が変わるところまで行きつくかもしれないと思っています。

私は、こんな自転車(のようなもの)だったら、乗ってみたくなるかもしれません。
いまの自転車の最大の制約は、乗っている間は姿勢を変えられないこと、だと思います。
エネルギーが満ちているときは前のめりにペダルを踏んでいてよいのですが、疲れてきたらリラックスしたい。できたらソファーにもたれるように。

それでも前に進む、そんな自転車が欲しいです。





スポンサーサイト



[2009/06/05 00:10] | 価値ある商品 | コメント(0) | page top
| ホーム |