スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
空弁の売れ筋はなぜサバすしなのか?

空弁(そらべん)とは、空港で販売される弁当のことです。みやげもあるでしょうが、弁当だということでは凡そ機内で食べられるでしょう。

羽田空港にある「空弁工房」の統計によると、売上10位以内にサバすしが3商品も入ったそうです。1位の焼き鯖すし(若狭広島屋)、2位の関さば棒寿司(浜真)、そして9位の焼きさば棒寿司(浜真)です。

これだけの統計ではなんとも言えないのですが、私の仮説は、鯖という漢字、そしてこの漢字の面構えに勝因ありとみました。加えて、平仮名で「さば」と書いても文字にインパクトがあると感じます。つまり、文字のインパクトによる見栄えのよい包装です。

当然内容の工夫が施されているとは思います。冷めても硬くならない、においが広がらない、狭い座席でも食べやすい、などなど。

私の読みでは、出張族のビジネスマンに買われているのではなかいと思います。
購入者の属性を知りたいものです。
スポンサーサイト
[2009/06/30 00:10] | 新しい発見 | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。