FC2ブログ
波自加弥神社

波自加弥は、「はじかみ」と読むそうです。石川県金沢市に実在する神社です。

なんでもここに祀られている神様は、調味医薬・五穀豊穣の神として全国に類例のない食産神とのこと。古来、歯で噛んで辛いもの即ち、生姜、山椒、山葵(わさび)などの古語で「薑(はじかみ)」と言ったそうです。

その代表格が、生姜(しょうが)です。

6月15日に、はじかみ大祭(生姜まつり)というのが、この波自加弥神社で行われるのだそうで、食品スパイス・調理・薬関係者などで賑わうと言われています。

この事象に目をつけたのが永谷園という会社。お茶づけ、ふりかけの食品メーカーというイメージがあります。聞くところによると、生姜部という部門が実在し、体を温める効果があるとされている生姜の研究や商品開発に取り組んでいるそうです。

6月15日を「生姜の日」とする提案は成功するでしょうか。生姜なら永谷園というブランドが広まれば大成功でしょう。

私は、こういう取り組みはユニークだと思うし、注目しています。






スポンサーサイト



[2009/05/25 00:10] | ニュース | コメント(0) | page top
| ホーム |