FC2ブログ
編集

プロジェクトラーニングでは最後に提言を行います。「提案」ではありません。「提言」です。読んで字のごとく「提案」は案なので、いささかふわっとしたものになりがちです。一方「提言」は主張であって、そこにはしっかりした内容が求められます。

しっかりした内容といっても、これまた抽象的な物言いですが、それは課題に対するソリューションであったり、事業の構想や戦略もしくはもっと具体化したビジネスプランであったりします。

いずれにしても情報を編集した後にそれらの提言をこしらえますので、編集というものが中盤から後半にかけて要となってきます。

松岡正剛著 『多読術』 ちくまプリマー新書 を発売早々さっそく読みました。人が何を読んでいるかはわかっても、人がどのように読んでいるかはわからないという記述がありハッとさせられました。

人には各々、頭に編集原理というものがあって、それに沿って読むという認知行為がなされています。

プロジェクトラーニングは、個人の頭の中のみでやるものではありませんが、編集原理を表に出して、衆知を集めより良い提言にしていかねばなりません。その観点から、私は編集というものに大きな関心があります。





スポンサーサイト



[2009/04/08 00:10] | 編集技術 | コメント(0) | page top
| ホーム |