FC2ブログ
青木真也敗れる

下馬評は青木真也が勝つだろうというものだったと思います。なんたって世界の寝業師と異名をとっていますから。DREAM.8 ウェルター級 GP2009 開幕戦 の話をしています。第10試合 ウェルター級GP1回戦のことです。青木真也の相手は桜井“マッハ”速人です。

つい先ほど映像を見ました。結果は、桜井“マッハ”速人の秒殺KO勝利。青木真也がKOで負けるシーンはめったにないのでショッキングなものでしたね。

さて、格闘技をこよなく愛している私は、プロデュースとはどうあるべきかをいつも学んでいます。

ファンの方には当然のことですが、青木真也はライト級の選手で、今年からウェルター級に階級を上げてきています。ライト級とウェルター級では体重差は6キロあります。一方の桜井“マッハ”速人はもともと修斗の時代からウェルター級の選手でした。年齢は青木25歳に対して桜井33歳です。

今年DREAMはライト級GPがないものですから、青木真也はウェルター級に出て、普通にやれば優勝できると発言しました。そこで、舐められているとしか言いようがないと桜井“マッハ”速人が怒ったのです。オヤジ狩りされてなるものかと。

マッチメイクにどのようにストーリーを込めるか、プロデューサーの腕の見せ所です。私が手掛けているプロジェクトラーニングとまったく同じです。そして、やってみる=アクションしてみないと結果は分からない。それが真実ではないでしょうか。

6キロの体重差、私は、これがキーワードだったと思います。ライト級の感覚で相手の突進をとらえていたのなら、青木真也は読み間違えたということでしょう。





スポンサーサイト



[2009/04/03 00:10] | 格闘技 | コメント(0) | page top
| ホーム |