FC2ブログ
物語2

2.ストレンジャー

数日後、血球運搬船エリスロサイト号に老廃物の搬入要請が入った。今は肺静脈航行の帰途だから各基地で老廃物を積み込むが、細胞S-2793基地にはこれまで寄航したことがない。ロンバートに確認させたが至急の搬入要請だと言う。「エリスロサイトは貴基地とは取引がないと応答しましょうか?」通信担当のボリーに尋ねられへグリーは戸惑った。

「細胞S-2793基地から申請された老廃物スペックを解析して」ヘグリーは解析担当のアンに指示した。暫らくしてアンから回答があった。エリスロサイト号のデータベースには見当たらないということだ。長年の蓄積でデータベースは充実している。そこでも検定できない老廃物とは何だろうか。搬入は危険だとヘグリーは直感した。

白血球のセキガ船長と血小板のバクテリオを除くと我々5名は赤血球である。血球運搬船の船長には通常赤血球が就くが白血球出身は稀だ。ヘグリーが見るところセキガは船のマネジメントに疎かになっている。へグリーは職責上仕方なくセキガに判断を仰いだ。搬入申請書を見たバクテリオは、これは肺胞管で除去された新種の細菌だと知りセキガに搬入を進言した。

「ちょっと待って下さい。データベースで検定されておらず搬入するのは危険です」へグリーはセキガとバクテリオに抗議した。しかしセキガの判断は成分分析なしに直ちに搬入せよというものだった。夕刻エリスロサイト号は細胞S-2793基地に寄航し、奇妙にも老廃物セルを一つだけ搬入した。

深夜、アンの部屋でロンバートの悲鳴があがった。「大変だ、アンが殺されている!」直ちに駆けつけるとヘグリーは声を失った。アンは無残にも全身を食い千切られていた。バクテリオからも知らせがあった。夕刻に搬入した老廃物セルが溶けて開いており中に何もいないと言う。やがて船内のあちららこちらにアンの身体の細胞だと思われる破片が散乱しているのが見つかった。エリスロサイト号に戦慄が走った。
[2009/12/24 00:10] | 編集技術 | コメント(0) | page top
物語1

物語を書いてみました。あるところに応募しましたが、見事に落選した代物です(笑)。

1.ミッション

肺H-3569基地で搬入した酸素セルが整然と積まれている。薄暗い地下の格納庫に皆を集めた。今晩中にはすべての成分分析を終了したい。喜ばしいことに、班員たちは元気で機敏に働いてくれそうだ。この調子だと大丈夫だろう。エレン・ヘグリーは安堵した。

「ヘグリー、7番セルの数値がおかしいよ」ロンバートが分析表を手にして報告にきた。一目見てα値の検定ミスだと分かった。すぐ担当者のトロンを呼びつけた。「α値検定を間違えている、トロン。寝ぼけて仕事するんじゃない!」大きな声でこっ酷く叱った。

好意を寄せるロンバートが、馬鹿なトロンとでも言うかのように嘲たことがいけなかったかトロンは急に半べそになった。我々赤血球が新鮮な酸素を運ぶことがどれほど大事なことか、この娘によく言って聞かせないといけないと思った。少しでも不純物が混入すると生命にかかわるのだ。

「トロン、生命には綺麗な酸素が必要なの。不純物検査は大切な仕事よ」彼女の肩を抱き寄せて優しく耳元で話した。トロンは頷いた。すぐ近くの標本室から船長のセキガの声が聞こえる。バクテリオも一緒のようだ。きっと先日の定期探索で採取した細菌を二人で見ているのだろう。白血球や血小板というのは我々赤血球とはどうも人種が違う。ヘグリーは憂鬱になったが義務だからと思い直し白血球のセキガに報告に赴いた。

「バクテリオ、凄いぞ。この細菌は新種だな」セキガは標本を前に興奮していた。私の報告などまったく聞いていないと思うとヘグリーは腹立たしくなった。
[2009/12/23 00:10] | 編集技術 | コメント(0) | page top
千々松健さんの思考道

あることで千々松健さんからエールを贈っていただいたので、どのような人なのかと興味が湧きまして、おそらくご本人のだろうと思われるHPを拝見いたしました。
http://homepage2.nifty.com/thinking-way-8W1H/index.htm

これは内容の濃いもので、腰を据えて読まないといけないと思いました。私は、松岡正剛さんに師事して編集工学を学び続けておりますが、千々松健さんの提唱する思考道もそれに近しいもののような気がします。

日々仕事でビジネスパーソンに論理的思考を指導している立場ですので、論理学の理解は怠らずやっていますが、実務で最も望まれるのは、論理的に価値を創造することなのです。ところが発想法とかになりますと、ブレインストーミング(オズボーンの原著にもあたり決して馬鹿にしている訳ではないので関係者の皆さまにおかれては気を悪くなされないでください。)に毛が生えたものばかりです。

千々松健さんの提唱する思考道の実際のビジネスへの応用を研究してみようと思います。
[2009/07/19 00:10] | 編集技術 | コメント(0) | page top
略図的原型

略図的原型という言葉を覚えました。人間の知覚が経験的に積み上げたもの、これが定義です。我々が対象を「らしさ」「めいた」「ぽい」と認識するのは、頭の中にあるこの略図的原型が動いているためです。

松岡正剛さんによると、略図的原型は3種類あるのだそうです。

①ステレオタイプ(典型性)
一般的には、行動様式やものの見方・態度や文章などが型にはまって固定的であることとネガティブに使用しますが、ここでは、好きな食べ物は何かと聞かれ、海鮮丼とか、懐石料理といった典型例を出して答えるときに、頭に浮かぶモードを言います。

②プロトタイプ(類型性)
概念の類型のことです。例えば、校倉造りという言葉を聞いて、三角、四角、あるいは丸太の断面の木材を水平に積み重ね、角の部分でかみ合うように交差させて壁体を構成する工法のことだと知っておりイメージが浮かぶとしましょう。そういう一般化できる概念としてのモードを言います。

③アートタイプ(原型性)
例えば、誰が書いても、子供の絵というのは見ればすぐわかります。また、クロード・モネ、ポール・セザンヌ、ピエール・ルノワールに代表される印象派の絵画は、それらの細かいことを知らずとも、見せられるとなんとなくわかります。このように、意識や感情の奥にあるモードを言います。

情報の収集術その5として、この略図的原型を用いて、新たな情報を取り出すことができます。

例えば、オーケストラをイメージして、オーケストラらしい食べ物として「幕の内弁当」を、オーケストラぽい人物として「オバマ大統領」を引き出せます。





[2009/05/07 00:10] | 編集技術 | コメント(0) | page top
システム

一般に、システムというのは、複数の要素が相互的な関係で構成されている動的な仕組みと見なされています。この世のどのようなモノやコトでもシステムとして存在するとしましょう。

このシステムを、要素、機能、属性の3つの観点でとらえてみます。例えば、車を見てみましょう。

・要素 すなわち車というシステムを構成する部品、パーツ、部分
エンジン、ボディ、タイヤ、ハンドル、アクセル、ブレーキ、シートなど

・機能 すなわち車というシステムが提供する価値や効能
ものを運ぶ、安全を保つ、スピードを出せる、快適な空間を提供するなど

・属性 すなわち車というシステムの性能、性質、特徴
メーカーや車種、車の型(セダン、ワゴン、バンなど)、年代別のタイプ、安全性の保障や技術、免許や法規による規定など

本日は情報の取り出し方、その4でした。





[2009/05/04 00:10] | 編集技術 | コメント(0) | page top
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>