FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
天命人
天命人は、私のオリジナルです。

定義なんてものはありませんが、敢えて言うなら、私は人生のすべてを賭けてこのように働く、そういう心構えを持ち行動している人を天命人と呼んでいます。

天命人は働く人ですから会社に雇用されていることもあります。しかし多くの天命人は経営者か自営の方々です。雇用者を自分以外の意志により働く者であると定義しますと、天命を受ける自らの意志が天命人の本質であると考えた場合、雇用される立場で天命人であるのは中々難しいのです。

最近は天命人が増えてきました。中年の私には、天命人はせめて40代以降の人であるという固定観念がありますが、いまでは30代の天命人もたくさん出てきていますし、20代の天命人もいないこともありません。会社に勤めなくても食べていける経済力を持ちさえすれば若くとも天命人であることができます。

勘違いしてはいけないのは、独立=天命人なのではありません。独立自営している人でも天命人でない人はたくさんいます。天命人は啓示を持っています。ここで啓示とは使命感に近い働くコンセプトだと考えて下さい。その啓示に人生のすべてを賭けているのが天命人なのです。

私は天命人を2つに分けています。うまい言葉が見当たらないのですが、テーマ型天命人と課題解決型天命人と呼んでいます。いま100人の天命人がいたとしますと90人はテーマ型天命人です。それほど課題解決型天命人は希少なのです。

ここからは暴論承知ですが、テーマ型天命人は偽物だと本心では感じています。彼らにとって啓示はテーマですので、そのテーマを推進する行動をとります。例えば、障がい者の雇用を促進させよう、そういうテーマに取り組んでいる天命人がいたとします。そのテーマに何の批判もありませんが、テーマ型天命人は本来の目的を忘れてテーマ=手段を目的化してしまう罠に陥ります。その結果、大概はその価値観の押しつけとなり周りの多くの人に敬遠されてしまいます。またテーマ型天命人は仲間で群れる傾向があります。

本物の天命人は課題解決型天命人です。彼らには必ず本来の目的=顧客があります。啓示を受けたテーマ=手段は得意な武器としてその目的を充たすために用います。ひたすら課題解決を行います。しかも仲間で群れることもありません。

天命人の時代が来たことはとても喜ばしいことですが、テーマ型天命人と課題解決型天命人の比率をなんとか50:50にもっていくことが大事ではないかと考えています。
スポンサーサイト
[2011/05/01 12:42] | 言葉 | コメント(0) | page top
恋する日本語6
恋の病というのは、ある人(通常は異性)のことばかりを考えてしまい、健康や生活に支障をきたすことだと軽く定義しておきましょう。「恋患い」「四百四病の外」という言葉もあります。
今日も古言葉屋「ことのは」は、そのような恋の病に効く言葉をみたててくれました。

◆阿伽陀(あかだ)
簡単に云うと、あらゆる病気を治す薬のこと。固く云うと、健康や不死をもたらすという霊薬と説明されます。「阿伽陀薬」と用います。ところで酒は百薬の長と云います。阿伽陀の一つかもしれません。私の阿伽陀は時間でした(余談)。

◆恋風(こいかぜ)
吹かれて身にしみる風のような恋心の切なさを意味します。恋の思いにとらえられて自由にならないさまを風に悩まされるさまにたとえています。胸に恋風が吹くと辛いですね。

◆遠近(おちこち)
遠い所と近い所。あちらこちら。将来と現在。昔と今。このように距離に時間にともに用います。時空を越え行き来してみると恋の病に効く気がします。
[2011/03/06 05:35] | 言葉 | コメント(0) | page top
泣き泣きラーニング
最近、なんでもラーニングをつけることが流行っているそうです。
ちなみに弊社はプロジェクトラーニングという社名です。御贔屓に。

泣き泣きラーニングという言葉を創りました。涙がこぼれるほど大事なことが心に沁み入ってくる。そんな学びのときのことを意味しています。

ずっと学びのことを考えていますが、学習という言葉を用いたらどうも堅苦しく感じるときがあるのではないでしょうか。私には、大事なことが心に沁み入る、と表現した方が好ましく感じる状況がいくつもあります。

感動・感激する。共鳴・共振する。喜ぶ。そういう情緒が伴って何か大事なことを知る瞬間は自然と涙がこぼれます。

幾つになっても泣き泣きラーニング。
男性でも女性でも泣き泣きラーニング。
[2011/02/28 04:47] | 言葉 | コメント(0) | page top
恋する日本語5
嫉妬という言葉は双方ともおんなへんがついています。やきもちなのですが、辞書風に云いますと、他人が自分より恵まれていたり、すぐれていることに対して、うらやみねたむことです。女性に多いということでしょうか。

◆焔(ほむら)
ほのおという意味です。この言葉は比喩的に用います。恨み・怒り・嫉妬などで心中が燃えることです。「目が憎しみの焔に燃える」「瞋恚(しんい)の焔」と用います。

◆心掟(こころおきて)
2つの意味があります。1つは、心の持ちよう。心構え。番組では2つ目の、心に思い定めておいたことで紹介されていました。女性がどのような心掟を持っているのかという研究って面白そう。

◆如意(にょい)
物事が自分の思うままになることです。手許不如意(不如意=意の如くならず)とは、金のくめんがつかないことを指します。ですから萬事如意は、万事意の如くですから、何もかも思い通りという意味です。
[2011/02/26 06:06] | 言葉 | コメント(0) | page top
多縁社会
無縁社会という言葉を誰が流行らせたのかは知りませんが、心が暗くなります。

仏語で縁というのは、結果を生じる直接的な原因に対して間接的な原因という意味で、原因を助成して結果を生じさせる条件や事情を指します。

ありていに云えば、よのなかはどこでどうなるかわからない、ということでしょう。それを成すには、明るい自己と他己に目を向けることが必要です。

明るい人は時空を超えます。無縁社会という言葉に押されて己を暗くしてはいけません。

我々は多縁社会に生きているのです。
[2011/02/23 11:14] | 言葉 | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。