スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
4.11
明日、東日本大震災から1ヶ月を迎えます。振り返れば、震災1週間後の3月18日金曜日には多くの人が黙祷しました。無言で今災害の死者の霊に祈りを捧げたのです。その祈りは当然に今を生きる人たちへの命の大切さの確認でもあったでしょう。このように人は時の流れに意味ある地点を設けて大事を反芻するのです。

間違いなく2012年3月11日は特別な日となりましょう。週と年の間には月があり、4月11日もその意味ある地点です。1週間というのは、とにかく救命・救出です。それ以外の余裕などない。一方1年というのは、一応の復旧ができて復興へ今後どれだけ伸展できるか、そのような評価の地点となりましょう。ならば1ヶ月とはどのような時間と考えればよいのか。

後の余震はあるものの本地震と津波は過去形で、福島原発事故は現在進行形です。4月11日はその状態にある。ただし過去形と云えども本地震と津波による死者の発見と確認は今も続いており、被害の全体たるや未だにはっきりと見えていません。福島原発事故に至ってはまったく予断を許さない状況です。その意味では、東日本大震災から1ヶ月後という地点は現状問題の対応の域を出ていない。しかしながら3月18日とは明らかに違うとも思います。それは、明日への希望がふつふつと芽生えていることだと感じています。

明日4月11日、各種メディアを通じて多くのメッセージが放たれるでしょう。私は、その多くが日本で生きる人々への展望であることを切に願っています。展望とは、社会動向を広く見渡すことでありその見通しを云います。メッセージの発信元は、個人でも、企業でも、そして国や行政でも構わない。どれだけ日本に安心と希望を与えることができるかということが肝要です。

4.11という表記は、おそらく私のオリジナルでしょう。4.11=展望、そういう意味ある地点を明日に迎えるのです。

スポンサーサイト
[2011/04/10 06:46] | 観察眼 | コメント(0) | page top
伊豆大島
今年の椿まつりは第56回だそうです。だからか伊豆大島といえば椿が連想されます。三原山は1986年(昭和61年)に噴火しました。当時の報道はかすかに記憶に残っています。島民の方々にはさぞ苦労があったことでしょう。

伊豆大島なら椿と云われるほど有名な花を持ち、かつ災害に見舞われた辛い歴史を持つ島だけに、さぞや人に優しく遠方から来島する人々を温かく迎えてくれるものだと思っていました。旅好きの私ですが伊豆大島に行くのは初めてです。期待は高まっていました。

ところがです。結論から云いますと、伊豆大島はその経済的基盤に観光は欠かせないにもかかわらず、大島全体としては観光客を感謝の気持ちを持って迎え入れようとする姿勢がありません。たいへん失望しました。

伊豆大島には全体最適の発想がありません。各社・各人は、どこも誰も自分たちの利益、すなわち部分最適を追って行動しているように感じます。

東海汽船の高速ジェット船セブンアイランドに乗って伊豆大島に着きましたが、そこからバスへの誘導がまるでない。ほったらかし状態です。大島バスという会社でしょうか、露骨な値段設定がありあまり気分の良いものではありません。というのは、沿岸部を走るコースは島民用で普通の値段なのに三原山を登ったり降りたりするコースは3倍ぐらい運賃が高いのです。三原山山頂に着けば、飲食・土産物店の人たちの目をやるところは、じいちゃんばあちゃんの旧態依然の観光客ツアーだのみだなとすぐに見てとれます。個人客を心地良く迎え入れてくれる雰囲気の欠片さえもありません。

椿公園や椿資料館もめぐりました。椿の品種の多さに驚いたり、椿のことをもっと知りたかったのに、時代遅れのあんこ娘のステージ舞台が椿公園全体イメージを損ねています。椿油の売り方にも不快感を覚えました。どこの店も自分のところの商品がオリジナルだと売り込みしており縄張り争いをしている風です。そのようなことは顧客に何の関係もないというのにです。

元町港近くの寿し光というお店で、ランチ時間を確認して入ったのに、食べたかった地魚づくしはもう終わりましたと冷たく云われました。この結果がどうというより、女性店員の話し方とお客様に接する姿勢に、サービス業にたずさわる者としてのホスピタリティがまるで備わっていないことが悲しいです。

元町港船客待合所には伊豆大島火山博物館の案内がないし、あの辺りかなと歩きだしてみても誘導してくれる表示もなく迷ってしまいました。正門玄関に来てみてギョっとしたのは、そのど真ん中に立て看板が置かれていることでした。もしや閉館かと思いましたが、よく読みますと開館中と書いてあります。営業しているのにわざわざ開館中と書かねばならぬぼと閑散としていることです。

兎にも角にも、あっちの人もこっちの人も、自分たちの利益しか考えていない。観光客は、大島で過ごす時間を有意義で楽しいものにしようとしているのです。その目的に最適となるように、商品・サービス提供者は最大効用を提供しないといけません。それなのに伊豆大島ではそういう心構えと取組みがまったくみられません。

島の観光力という観点からすると、日本で筆頭は鹿児島県の屋久島だと思いますが、伊豆大島はその対極にある全国最下位クラスだと感じました。

これは冗談ですが、いっそのこと星野リゾートに島を売却し、リゾートの達人の指導によって再建してもらったほうが宜しいでしょう。

[2011/03/05 06:14] | 観察眼 | コメント(0) | page top
血流学
血液学という分野があります。血液学(Hematology)とは、人体の1構成分野である血液細胞(白血球・赤血球・血小板)を対象とする内科学の一分野であると説明されています。

医学に素人ですが、血液学というのはどうも細胞分析のような気がして、私の問題意識にある血流にフォーカスされているとは思えないのです。

健康とは良く血が流れること。この持論を持っています。ゆえに血液学ではなくて血流学が大事じゃないかと考えるのです。

もとより学者ではありませんので、血流学とやらをたて研究しようというのではありません。素人なりに「健康とは良く血が流れること」ならば、そうではない現状とのギャップは問題でしょうから、その解決に知恵をだしたいのです。

最初に知ることは体温です。日本人の平均体温は36.89℃ です。常温人、低温人という言葉をつくりました。簡単な定義ですが、常温人とは平均体温以上の人で、低温人はその逆です。「健康とは良く血が流れること」の大前提は常温人であることです。

血流学はシリーズで記事にしてみたい。次の話題は、どうして低温人なの? にしてみようと思います。
[2011/02/11 06:42] | 観察眼 | コメント(0) | page top
心臓ペースメーカーと携帯電話
いつだったか地下鉄で、座っていた初老の男性が目くじらを立てて、前に立っていた若者を怒鳴りつけていました。何が起こったのかと観てみますと、要はこういうことなのです。

その男性(おそらく心臓ペースメーカー利用者)が座っているところは携帯電話の使用禁止エリアで、それは、心臓ペースメーカー利用者等がより安心して地下鉄に乗れるようにと配慮されたものでした。そこに若者が立っていて、おそらく携帯電話の使用禁止エリアだと知らずに、携帯メールをしていたという状況です。

この場面ですが、実際にその場に居合わせみますと、実感としては、その初老男性の言いがかりのように見えました。

実際論から云うと、最初に、公共交通機関における、携帯電話などが心臓ペースメーカーに対して影響を及ぼすとした携帯電話のマナー啓発キャンペーンは不自然に感じます。そもそも、携帯電話の使用により心臓ペースメーカーが誤作動をおこした事実はあるのでしょうか。そのようなことは聞いたことがありません。

そして、たしかに公共交通機関で携帯電話で通話するのはマナー違反です。しかしながら受信すること(通話もメールも)自体と他のメール操作を規制することなどは到底できないことです。いまやスマートフォンの時代です。まったく非現実的です。

これは冗談ですが、万が一その初老男性が心臓ペースメーカーで異常になったら、私はその若者に、あなたが(その男性が)怒りで興奮したから異常となったのだと言い返せとアドバイスしてやろうと思いました。

[2010/10/08 16:35] | 観察眼 | コメント(0) | page top
猫のひげ
福は(愛猫、スコティッシュホールド)、私たちがごはんするとき、いつの間にかテーブルにちょこんと乗ってきます。お鼻をくんくんさせて匂いだけかぎ、あとは私たちが食事するのをじっと見ているのです。

眠そうにしています。おひげは左右だらりと下がっています。そのひげを撫でてやろうとしら、なっ、なんと一本が抜けてしまいました。“猫ひげ金運”にあやかりすぐさま財布にしまいました。

一般に猫のひげという場合、それは専門用語で云いますと上唇毛を指します。実は他にも4種類の猫のひげがあるのです。それらは上から、上毛、頬骨毛、口角毛、頭下毛と云います。福の場合、顎の下に生える頭下毛はないですが。

面白い表現を紹介しましょう。猫のひげには神経が集中しています。気分がハイなときは、ひげをピンピン伸ばして「10時10分の角度になっていたりする」ときがあるのです!
[2010/09/24 07:40] | 観察眼 | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。