FC2ブログ
結婚
事業環境は常に変化しています。プロジェクトラーニングを日々指導していると、このことをいつも思い知らされます。

ごく簡単な話題を提供いたしましょう(業界関係者には周知のことです)。

それは、結婚についてです。結婚動機ですが、親以上の世代(50代・60代)だと、結婚するのは当然という意識で結婚するものと思っています。しかし当人たち(20代・30代・40代)は、一緒に生活したい(家庭を持ちたいというのとはまた違う)から結婚するのが基本です。

この20代・30代・40代のうち、大きな境界線が20代と30代の間に敷かれています。つまり20代はまったく異なった意識層だと思えばよいでしょう。それをあらわす代表的な言葉が「できちゃった婚」でしょうか(いまでは「授かり婚」「おめでた婚」などと呼ばれています)。つまり結婚動機は、子どもができたからということです。20代では、一緒に生活したいからに次ぐ結婚動機なのです。

当然ウェディング業界はこの意識変化に着目します。そうであるがゆえにビジネスの基本方向は、簡単に云えば、「できちゃった」を奨励し結婚へ導くということになります。一例を挙げると、ある婚礼事業会社では、11月に放映されるドキュメンタリー映画「うまれる」とのタイアップ企画をプロデュースされています。

何も難しいことではありません。事業環境変化をよく観て仕事をしなさいということです。
[2010/10/26 11:03] | プロジェクトラーニング | コメント(0) | page top
灼熱アジア
小沢一郎が、民主党代表選に出馬するだの、いやぎりぎりで不出馬となる可能性があるだの、そのようなくだらない政治ニュースで騒がしいこの頃です。プロジェクトラーニングを行なわない政治家になんて何の期待もしていないというのに。

NHKスペシャル・灼熱アジアを何人の日本の政治家が見ていたことでしょう。第2回がとても興味深い内容でした。中東諸国のオイルマネーが、脱石油の時代にあってもエネルギー覇権を狙うという内容でした。

砂漠の中にマスダールシティという巨大な新エネルギー都市を建設したアブダビやLNG(液化天然ガス)の分野で瞬く間に世界の主導権を握ったカタールなどの事例が現在進行形で紹介されていました。

この映像は超貴重なものです。多くの日本人がこの現実を知らないでしょう。そうか、いま湾岸諸国は、蓄積したオイルマネーを集中投下し、脱石油戦略に舵を切っているのかと、私には脳天をかち割られるような衝撃でした。

千代田化工の井川さんというマネージャーは、この番組で有名になるのではないでしょうか。こういう人にこそ将来、企業のトップマネジメントに就いてもらいたいものです。
[2010/08/31 03:18] | プロジェクトラーニング | コメント(0) | page top
図書館

豊かな精神を育み知性を鍛える。街の図書館っていまどうなっているのかと思い調べてみました。

まず事実①ですが、
国内には約3千の図書館があり殆どが都道府県や市町村の施設です。施設数はこの10年で1.2倍に増えています。

この3千という数は多いのか少ないのでしょうか。人口あたりでみないといけないと思いますが、国際水準からすると先進国中の最下位とのことです。

事実②ですが、
本などを買う資料費の総額は下降線をたどっています。10年前に比べたら4分の3以下になったそうです。1館あたりで計算すると1千万円足らずのようです。

近くに図書館がない、あって行ったとしても本が少ない。加えて司書ら専任職員数も減っているそうです。

豊富で確かな情報を集めて提供し住民の生活や仕事に役立って欲しいのに。地方財政は厳しいでしょう。予算は多く取れないことも分かります。

こういう時にこそプロジェクトラーニングが必要なのです。
[2009/12/13 00:10] | プロジェクトラーニング | コメント(0) | page top
加湿器か、加湿機か

どちらでも良いでしょう。

とにかく加湿器(加湿機)を必要とする季節が到来しています。「日本の冬の主として太平洋側の乾燥対策」という潜在市場は大きいと思いますが、加湿器(加湿機)市場は、まだまだ工夫が足りないと思います。

我が家のは、スチームファン式というのでしょうか、とにかく問題は、ファンの音がうるさいということでしょうか。それと、日本の加湿器(加湿機)メーカーは、加湿計に無関心じゃないかと思います。湿度を測定するという機能(見える化)は加湿器(加湿機)を売るのに大事だと思うのですが。適切な湿度はいくらなのか、湿度の違いでどのような状態の変化が生じるのか、そういった情報提供があって欲しいです。

あとデザインがダサい。ベンタ、ボネコのような海外勢に市場を食われています。日本風のお洒落なデザインで、加湿器(加湿機)を開発して欲しいです。

プロジェクトラーニングをやりませんか。もっと生活者をよく観て下さい。
[2009/11/17 00:10] | プロジェクトラーニング | コメント(0) | page top
室内着

女性用下着市場は2008年度で3,960億円であり、この10年間で16%も縮小したと言われています。となると下着メーカーにとっては厳しい事業環境です。

「巣ごもり消費」という言葉が流行っていますが、大事なことは、巣ごもりしている間は生活者はどのような格好をしているのかということです。とくに若い女性の場合です。まさか下着ではいまい。またパジャマというのもどうもイメージがつき難いです。

室内着というカテゴリーは新しいのでしょうか。少し解説風に言いますと、しま柄やハート柄の生地を使いパジャマよりデザイン性が高く、外出着よりは着心地が楽な衣料品で、ゆったりとしたワンピースやパーカーなどが中心を占めるものです。

この室内着市場が前年比で約30%増で拡大中とのことです。

さて、下着メーカー各社のプロジェクトラーニング力が問われます。自社が室内着市場に出ても良いでしょう。また室内着市場に下着のマーケティングを工夫する手もあるでしょう。腕の見せどころです。
[2009/10/18 00:10] | プロジェクトラーニング | コメント(0) | page top
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>