FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
追うぞ! 千夜千冊129夜 『アジア的身体』 梁石日
本書『アジア的身体』はあまり読む気を誘わず積読になっていたが、『夜の河を渡れ』はとても読みやすく愉しめた。梁石日(ヤン ソギル)はこういう作品を書くのかと知った。歌舞伎町の裏社会をリアルに描いてある。

『血と骨』は読んではいないけれど映画(2004年、崔洋一監督)は観た。1920年代、一獲千金の夢を胸に済州島から日本に渡って来た金俊平(ビートたけし)。彼は、李英姫(鈴木京香)を強姦し強引に結婚し息子の正雄(新井浩文)らに暴力をふるい、次々と愛人を囲う父親であった。そのような内容の映画。

松岡正剛さんは、どうして本著を選本したのか。このように語っている。
「梁石日がぼくに突き付けたものは、ぼくが入らなかったそうした洞窟の数々である。在日朝鮮人問題、ヒロシマ体験、中上健次の功罪、金史良や李良枝の文学の評価、被差別部落問題、日本の中の異邦人の実態、金芝河の評価、天皇とアジア、朴正煕政権と全斗煥時代によってつくられた韓国社会の意味、韓国民俗学の動向、日本的身体感覚の退嬰、セマウル運動の本質、金時鐘という文学、光州事件、日本のパチンコブーム、そして「アジア的身体性」とは何かという問題。これらはいずれも本書が取り扱っている話題たちであり、いずれもぼくが面と向かって考えてこなかった問題群だった」

このような紹介文があった。独特の世界観なのだと神妙になった。
「在日朝鮮人文学、日本文化の閉鎖性、国際化と差別・・・朝鮮・日本・在日をめぐる問題を柔軟かつラディカルに思考しつつ、規範からはみ出し、溢れ出る<アジア的身体>を喚び起こす」
スポンサーサイト
[2014/10/11 23:58] | 未分類 | コメント(0) | page top
六本木アートカレッジ
初めてのイベントにしては盛況でした。多くの前途有望の青年たち​と出逢えた。尊敬と感謝を込め一言コメント。※敬称略

・伊勢谷友介
がさつな印象を受けたが(俳優が咳をコントロールできずにどうす​るんだ)、志と実践は真っ当である。リバースプロジェクト、素晴​らしいと思う。あなたの情熱を応援したい。

・白木夏子
エシカルジュエリー。目のつけどころが、マザーハウスの山口絵理​子に似ている。30歳で経験不足は否めないが将来に期待が持てる​。HASUNAのお店には伺いたい。

・会田誠
・津田大介
会田さんは青年ではないがユニークなアーティスト。2チャンネル​罵詈雑言を作品にしたのは傑作でした。津田くんは久しぶりに話を​聴いたが、彼のジャーナリスト信条がよく理解できた。

・青木良太
この青年は陶芸家としてずば抜けた才能を持っている気がする。本​を読んでいないから言葉は未熟。古田織部をまともに語れない。し​かし青木良太の1日がどんなだかを知れたのは貴重だった。作品も​観てみたい。

・幅充孝
年齢不詳で青年ではないかも。選書集団・BACH(バッハ)はお​そらく日本で唯一の会社だろう。本屋をつくる。本コーナーをつく​る。本棚をつくる。こういうのが仕事になっていることが価値創造​だ。素晴らしい! 子供たちにとっての『宝島』と『ONE PIECE』の関係の話は有益でした。とにかく生の幅さんに出逢​えて嬉しい。

・古田秘馬
本日の最高の内容だった。この人も青年ではないと思う。着想は素​晴らしいの一言。コンセプトとアイデア。D30は腹の底から笑っ​てしまった。教えてもらった内容はじっくり味わいます。

・中田英寿
・栗林隆
サッカーを辞め自分探しで世界を放浪した後の中田英寿がどうなっ​たのか知らなかったが、日本の伝統工芸を見てまわっていた様子。​こういう生き方は中田英寿の創造でしょう。未だ青臭さが抜けてい​ないが、多くのファンが中田英寿を応援している。栗林隆、飄々と​している。作品は見事のようだが、正直この人はよく分からない。
[2011/11/24 14:00] | 未分類 | コメント(0) | page top
連塾
連塾はいつも超deepだけど、今回の連塾も濃かった。6名の異能者に​感謝し一言コメント。※敬称略

・水原紫宛(52歳)
夏目漱石『それから』をあのように朗読していただくと様々な発見​があります。泉鏡花の歌を紹介して下さり女の官能の凄まじさを見​せられた思いです。「本歌どり」という言葉、パクると云うより魂​を写し取るということですね。

・町田宗鳳(61歳)
登壇するや瞬時に魅了されました。直ちに町田宗鳳さんの著作を全​部読むことを決意。この御方は法然の生まれ変わりでは。「ありが​とう」発声の瞑想法を実践します。町田宗鳳さんに出逢えて魂が震​えています。ありがとう。

・華恵(20歳)
「プレミアム8 世界遺産 一万年の叙事詩」で初めて華恵ちゃんを知りました。テレビより綺​麗に見えた。きっと心の内はめっちゃ緊張してたでしょ。長谷川修​平『はせがわくんきらいや』の朗読は最高に良かった。あんた関西​弁うまいやんか。

・高橋睦郎(74歳)
ようしゃべる好々爺。詩人は儲からんという御言葉だけが頭に残り​ました。谷川俊太郎さんは例外なのでしょうか。本宴での芸も拝見​したかったかも(笑)。市場(いちば)の詩の朗読には涙が流れま​した。

・唐十郎(71歳)
意味不明(笑)。生の唐十郎さんを間近に見れて幸せでした。どう​か末長く芝居をやり続けて下さい。唐十郎さんのような個性はもう​二度と出ないのだから。

・観世銕之丞(55歳)
観世の家に生まれ育ったことの苦悩と喜び、お能の構造とシテ方の​発声について分かりやすい解説ありがとうございました。実演時に​は魂が動いた気がします。御子息のこと、松岡正剛さんに解説して​もらい深く感銘しました。
[2011/11/12 05:55] | 未分類 | コメント(0) | page top
ホームカミングデー
ホームカミングデー

大学のホームカミングデーに行ってきました。

昨年のホームカミングデーに行ったクラブの後輩がいてくれたので、ある程度の様子がわかっていたのですが、たぶん一人だと寂しくて行く気はしなかったでしょう。

卒業生にそんなに普及していないみたいで、特段待ち合わせとかしていない限りは、昔のクラス仲間が来場している確率はかなり低そうでした。それでも体育界系クラブ仲間の何人かと26年ぶりに再会できたことは大きな喜びでした。

一つ発見がありました。

それは、同じ時を重ねたにもかかわらず、ある人は老いて、またある人は若々しかった。四半世紀の時間は人の根源まで変えてしまうものだと感じました。

いつまでも若く生きよう!
[2011/11/11 01:42] | 未分類 | コメント(0) | page top
会社
今のオリンパスがよい例ではないか。一連の疑惑の加害者筆頭である菊川剛氏は株主や現経営陣に詫びて罪は認めても、オリンパスで一所懸命に働いている社員に頭を下げるだろうか。社員のこれからの生活に何か助けになってくれるのだろうか。そうではあるまい。

会社で働く社員はいったい何に忠誠を誓い人生の長い時間を注ぎ込んでいるのか。イザとなれば会社に“裏切られる”。裏切るという言葉に引用符をつけたのは、「意図をもって他人との約束や期待などに従わずに結果的に信頼関係を傷つける」ということではなくて、あなたのことになんか親身になってはくれないという意味である。

それが会社というもの。経営組織であるから、環境変化に適応していく存在でしかない。そこで働く社員は会社に適応することは大事なこと。よく適応しないと立派に仕事をできやしない。しかし過剰適応していると、イザとなって会社に“裏切られた”時に心のやり場に困るのである。

会社で働く社員の正しい姿勢は、イザとなれば会社を“明るく裏切ればよい”ということ。自分の理念を優先することが大事で、そのために普段から心の故郷を持っている必要があり、事態急変が生じた折には、いつでもその安寧に帰れるようにしておくべきだ。“明るく裏切る”とはそういう意味で用いている。
[2011/11/10 16:59] | 未分類 | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。